アモキシリンは抗生物質です。ペニシリン系の抗生物質ということで様々な感染症の治療などに使用されています。感染症は病原微生物が体の中に入るのですが、その炎症を抑えることができます。

風邪やインフルエンザの治療にも使用されています。

クレジット=アモキシル(アモキシシリン500mg)の個人輸入なら任せて安心アイドラッグマート http://www.idrugmt.asia/drug/amoxil.html

様々な感染症の治療などで使用されているアモキシリンという抗生物質について

特徴について

アモキシシリンの特徴ですが、ペニシリン系の有名な抗生物質です。グラム陽性菌をメインとして、身近な菌である大腸菌やインフルエンザなどのグラム陰性菌にも使えることも特徴です。

また緑膿菌、セラチアには効果がないことでもわかっていますのでそれ以外の治療に使用されます。扁桃炎、咽頭炎や気管支炎の治療として処方されることが多いでしょう。

ペニシリン系は抗生物質のなかでは安全性が高いことでも知られています。アレルギー反応を希に起こすことがあるのですが、比較的安全に飲むことができます。

カプセルとして飲みやすい形になっていますし、子供を対象としたシロップになっている薬もあります。胃炎、胃潰瘍、胃がんの原因になると言われているピロリ菌を除去する際にも使用される薬でもあります。

処方前に

処方してもらう前に、アレルギーの症状が出やすい人は、医師にアレルギーが出やすいことを伝えておいたほうがいいでしょう。

これまでに薬を飲んで薬疹が出たり、アレルギーの症状を起こしたことがある人は薬の名前を医師に伝えるためにメモしておきましょう。

喘息や蕁麻疹の人、腎臓病の持病を持っている人も伝えていきましょう。飲んでいる薬が普段あるという人は医師にその薬についての情報を知らせることができるように準備しておきましょう。

注意しなければいけない人は?

注意しなければいけない人は?

気をつけなければいけない人としては、ペニシリン系の抗生物質でこれまでにアレルギーの症状が出たことがある人は処方してもらうことができません。

また伝染性単核症という病気があるのですが、これにかかっている人は使えない薬です。この薬で更に発疹が出る可能性があるからです。

喘息や蕁麻疹、アレルギーの症状を持っている人は気をつけて服用する必要がありますので注意が必要です。成人に比べて高齢者は副作用も現れやすいですから注意しなければいけません。

飲み合わせに注意する薬

飲み合わせに注意する薬として併用すると薬の効果が強まったり、弱まってしまう薬があります。抗血栓薬のワーファリンは作用が強まる恐れがありますので注意しましょう。

また避妊薬のピルを飲んでいる人はその効果が減弱する恐れがありますので気をつける必要があります。

服用にあたっての注意点

服用にあたっての注意点ですが、決められた飲み方で服用することはこの薬に限ったことではないのですが、守って飲まなければいけません。

指示されている期間を飲みきる必要もあります。症状により、人によっては長めに処方されることもあるでしょう。自己判断でやめることで再発の原因になったりします。

4日分処方された場合には4日分は全て飲みきらなければいけません。3日で症状がなくなったからと言って途中でやめてしまってはいけません。

処方されたものは全て飲みきるようにしましょう。胃潰瘍の治療におけるピロリ菌を除去する場合には1週間の服用が必要になることもあります。

アモキシシリンは細菌の治療に対して使われます。抗生物質のペニシリン系ですが、耐性菌を増やさない目的でもしっかりと最後まで飲み続ける必要があります。

風邪などの感染症にも使用されます。

アモキシシリンのような抗生物質についてのよくある質問について

アモキシシリンのような抗生物質についてのよくある質問について

【相談】

1 抗生物質で口の中が荒れることがありますか。
2 抗生物質を飲むと、胃が痛くなることがありますか。
3 抗生物質の効能と種類をわかりやすく教えてください。

【アドバイス】

3 【アドバイス】

【1 抗生物質で口の中が荒れることがありますか。】

抗生物質とは、微生物が産まれ、他の微生物などの細胞の増殖や機能を阻害する物質で、感染が起きたときに微生物を殺す役割を果たしています。

抗生物質を服用すると、口腔内の常在菌をも殺してしまうことで、抑えていたカビが、繁殖して起こるガンジタ症を起こすことがあります。

悪化すると、口腔内に白い斑点が現れ、体がだるく、発熱、かゆみを引き起こします。そのような副作用が現れた時は、すぐに服用を中止し、医師の診察を受け相談してください。

【2 抗生物質を飲むと、胃が痛くなることがありますか。】

抗生物質を飲むと、常在菌も殺してしまうため、腸内フローラが減少し、細菌が増えるため胃痛が起きると考えられています。

また、抗生物質を服用すると、下痢が起きることもありますが、これも腸内フローラが減少したために起きると考えられています。

胃痛や下痢が起きたときは、医師に相談して下さい。

【3 抗生物質の効能と種類をわかりやすく教えてください。】

抗生物質は、細胞壁阻害薬、蛋白合成阻害薬、核酸合成阻害薬、葉酸合成阻害薬があります。細菌には細胞壁があり、人には細胞壁がありません。

ですから、細胞壁合成阻害薬は、細菌の細胞壁にのみ毒性を示し、細菌を殺します。薬の種類は、ペニシリン系、セフェム系、カルバペネム系、ペネム系、バンコマイシン系、ホスホマイシン系などがあります。

蛋白阻害薬には、テトラサイクリン系、マクロライド系、アミノグリコシド系などがあり、たんぱく質を合成する器官のリボゾームを攻撃し、細菌を殺します。

人のリボゾームと細菌のリボゾームは形が違うので、細菌のリボゾームだけを攻撃します。また、核酸合成阻害薬は、DNAやRNAの働きを邪魔することによって、細菌のたんぱく質合成を阻害します。

それには、ニューキロン系抗生物質があります。他には、葉酸合成阻害薬があり、その名の通り、 葉酸を阻害することによって細菌を増えないようにします。

抗生物質の発達によって、人間は様々な細菌感染の病気を治すことができ、健康でいられ、平均寿命も伸ばすことができるようになりました。