アモキシシリンの効能はどのような効能があるのでしょうか。様々な細菌が原因による感染症に効果があるとされています。効能は主に二種類ありますので、それぞれの特徴をよく理解した上で服用すると服用の効果も上がるのではないでしょうか。

■ヘリコバクターピロリ
効能の一つとして適応菌種にヘリコバクターピロリがあります。胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんなどの原因になると言われているヘリコバクターピロリ感染症やヘリコバクターピロリ感染胃炎などに効果を発揮してくれます。

ヘリコバクターピロリの治療には1週間服用し続けるということになっていて、アモキシシリンとクロリスロマイシンやブロトンボンプインヒビターを併用して飲むこととなっています。

これら全てを1週間飲み続けることになるのですが、クロリスロマイシンは必要に応じて適宜増量可能となっています。1週間飲み続けなければいけない理由はそれくらい飲まなければ改善されないからです。

ですから勝手に自分で服用をストップしてはいけませんし、勝手な判断でやめてもいけないのです。途中でやめてしまう人もいるのですが、それでは後で効果が現れないどころか体への害が現れることもありますので注意が必要です。

■それ以外の感染

■それ以外の感染

ヘリコバクターピロリ以外の感染症としてブドウ球菌やレンサ球菌、肺炎球菌、腸球菌などに属しているもの、大腸菌、インフルエンザ菌、梅毒などに関連しているものなどにも効果があることが分かっています。

アモキシシリンが処方される主な疾患を紹介しました。これらの治療の際には適切に服用することで治療効果が現れると考えられます。

適切に処方された量を飲む必要がありますから自己判断で中止などしないようにしましょう。