アモキシシリンはペニシリン系の抗生物質で比較的安全性が高いと言われています。しかし安全性が高い薬でも、副作用はありますし、様々な注意点がありますので、ここでしっかりと理解しておくことで効果的な治療を目指しましょう。

■診察の際に
診察の際に伝えなければいけないこととして、アレルギーの症状がこれまでに起きたことがある人はそのことを伝えておきましょう。

これまでに薬によってアレルギー症状があらわれたことがある人も、薬がわかっているのであれば、その薬について医師に情報を渡したほうがいいでしょう。

気管支喘息や蕁麻疹、慢性腎臓病などの治療を現在受けている人、持病を持っている人も、早めに伝えましょう。現在アモキシシリン以外に薬を服用している人はその薬について早めに伝えましょう。

これはこの薬に限った事ではありませんが、薬を服用しているという情報は伝えたほうがいいでしょう。

■診察の際に

■注意が必要な人
注意が必要な人として、ペニシリン系の抗生物質をこれまでに服用して、アレルギー反応を起こした経験がある人は、この薬は使わないほうがいいですから、処方される場合には医師にそれを伝えましょう。

また伝染性単核症というウイルスが原因でかかる病気にかかっている人は使用することができません。なぜアモキシシリンを使用することができないのか、それは、この薬を飲むことで発疹が出やすくなるからなのです。

また先ほどからもお伝えしていますが、喘息、蕁麻疹などの症状を抱えている人も、服用は慎重になりますので、そのことを伝えるようにしましょう。

服用や服用期間などの配慮をしてもらえると思います。アモキシシリンは安全性が高いペニシリン系の抗生物質ではありますが、注意点を守った上で服用しましょう。